借入審査甘い

信用情報機関の存在

返済が滞るような無理な借入れをしないようにしましょう。キャッシングに申し込む前に必ず知っておきたいのが、信用情報機関の存在です。これが事故者リストとよばれているものの正体です。この事故情報(延滞の情報)は5年間保存されます。保存期間は信用情報機関の種類によりますが、5年間から10年間は記録されます。しかし、そもそも審査に通らない!となると多くの金融機関で共通して設定している最低限の審査基準を満たしていない可能性があります。

信用情報とは個人のキャッシングやローン、クレジットの利用履歴を記録しているものです。クレジットカードやキャッシングの申し込みをするだけでその情報は残るといわれています。事故者リストは存在しない!?は、自分でどうにかすることができて、審査でも重要になってくるのは「属性スコアリング」ではなくて「信用情報スコアリング」です。返済の延滞は絶対にしないこと借入金額よりも借入件数を少なくすること。

例えばA社にクレジットカードの申し込みを行うと、A社があなたの信用情報の照会を信用情報機関で行います。これが申込み記録として残ってしまうようです。複数社に借入の申し込みを行っていてその金額が多い場合、2社目、3社目が通らなくなったり、審査に時間がかかったりするようです。一般的にこの照会履歴は6か月間情報が残ります。少し時間をおいて申し込んでみると良いでしょう。

信用力の低い人

信用情報や信用情報機関についてはこちら、また、事故情報についてはこちらで詳しく解説しています。不都合な情報だからといってウソをつくと、審査がますます難しくなりますよ。短期間に複数社ローンを申し込むと審査が通らない場合があるようです。金融会社は審査を行うときに必ず信用情報機関であなたの信用情報を取得します。

信用力の低い人は1社から借りられる限度額が小さいため、あちこちから借りることになります。よって、同じ借入総額でも、借入件数が少ない方が信用力の高い顧客だと考えられます。ローンの申し込みがあった場合、金融機関はまず自社の審査基準によって借入にたいして返済能力があるかどうかの、審査をします。金融機関によってそれぞれ独自の審査基準があり、厳しい審査基準を設けている金融機関もあれば、

割と緩い審査基準を設けている金融機関もあるようです。このように、自分で信用力を高めることは可能です。キャッシングの審査に通る人になるために、自分の信用情報は常に意識するようにしましょう。キャッシングの審査基準については、

どこの金融機関に行っても

そのように呼ばれているリストとはなんでしょうか?1ヶ月以内に3件以上申し込んでしまうと、その後 新規で借入れを申込んでも断られることが多いようです。ちなみに、申込みの記録は6カ月間保存されます。(どの信用情報機関でも)他社借入「総額」ではなくて「件数」であることがポイントです。

銀行やクレジットカード会社、消費者金融は、必ずどこかの信用情報機関に加盟しています。あなたが過去にどれだけ借りてどれだけ返してきたかは、どこの金融機関に行っても筒抜けです。いちどにたくさんの申込みをしないこと「車がほしいのにローンが通らなかった!」「住宅ローンが通らなくて家がかえない!」そんな方は何社もローンを通す前にまずは自分でローンの審査が通らない理由・原因を調べてみましょう!

なぜここで事故情報の話をするかというと、せっかく属性や信用情報のスコアを高める努力をしても、いちど事故情報を登録されてしまうと登録情報を消されるまでの5年や10年もの間、まともな業者から借りることはできなくなるからです。

クレジットヒストリー

まずは「審査に落ちてしまった!借入ができなかった!」という方、以下のいずれかの理由に該当するかチェックしてみましょう。あなたがローンの審査が通らない理由・原因があるはずですので自分で調べてみましょう!

また、債務整理(任意整理・個人民事再生・特定調停・自己破産)をした場合も事故情報として登録されます。夜逃げなどで裁判所から失踪宣告された場合も事故扱いです。信用情報機関とは、その人が「過去にどれだけ借入をしてきたか」、「返済をきちんとしてきたか」がわかる情報を提供する機関です。

たとえば、1社から100万円の借り入れがある人と、4社から25万ずつの借り入れがある人では、前者のほうが圧倒的に信用度が高い人ということになります。もし過去に3カ月以上の延滞を起こした場合、「事故情報」として登録されます。また、一般的に5件以上の借入がすでにある場合は新規の借入は難しいでしょう。よく、事故者のリストがあると聞きますが、実はそんなリストは金融業界には存在しません。さらに、短期間に多くの申し込みをすると、その情報が登録されます。クレジットヒストリーをきれいに保つために大切なのは、以下の点です。